占い師になるためには

占い師


占い師になるためには特に資格が必要な訳ではありませんが、人生を左右する大事な決断の後押しをすることがあります。占い師の一言が相談者に多大な影響を与えることがあるので、安易な考えで占い師になることはあまりお勧めしません。

これから占いを始めるなら、まず占術を学ばなければなりません。タロットカード、オラクルカード、四柱推命、九星気学、姓名判断などまずは何か一つ占い方法を習得することです。占いの本や占い方のサイトを見て独学で習得することもできますし、占いスクールや占術のセミナーなどに通って学ぶこともできます。

また直接占い師に教えてもらうこともできます。実際に師匠と呼ばれるような先生がいる占い師は多いと思います。より実際の鑑定に則したことが学べるのでコツを掴むには一番いいのかもしれません。

霊感霊視などで視る場合はもともとの能力がないと難しいです。もともと備わっている霊感を伸ばすことはできても、教わって能力が上がるものでもありませんから、ないものを開花させるのはかなり厳しいようです。鑑定ができるレベルの霊感がない場合は、得意な占術を見つけて、磨くことをお勧めします。

占術を習得し占えるレベルになったら、まずは実際に占ってみることです。占い鑑定の経験がない人は、まず友人や知人、またはその紹介などにより無料で鑑定するといいです。鑑定数をこなすことで無駄のない鑑定と相談者が何を求めていて、占い師に何が必要なのかが分かってくると思います。

そしてある程度鑑定をこなせるようになってきたら、少額でもいいので今度は有料で鑑定をし、鑑定料金を頂くことです。そうすることで相談者も占い師もその鑑定に対してより真剣になり、厳しい評価もされるようになります。ごまかしが効かないので最初は厳しい評価を受けることもあるかもしれませんが、最終的には占いの能力をあげるのには実際にお金を頂くことが必要です。

占い鑑定は常に勉強の連続です。これで良しということはないので能力を上げるために努力し続けることが大切です。最終的にはお客様が自然とお客様を紹介してくれるような人気占い師になることができれば、占い師として生計を立てることも可能になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする